シナネンホールディングス株式会社

次世代育成支援行動計画

TOP > 会社案内 > 次世代育成支援行動計画

次世代育成支援行動計画

シナネングループでは、全ての社員にとって、仕事と子育てを行いやすい職場環境となるように、次世代育成支援対策推進法※1に基づき、この度、更なる職場環境の向上に取り組むため、行動計画を策定しましたので公表いたします。

※1.次世代育成支援対策推進法とは、次代の社会を担う子供たちが健やかに生まれ、育成される社会の環境整備を行うことを目的に、国・地方自治体・事業主・国民が担う責務を明確にし、10年かけて集中的かつ計画的に取り組んでいくために作られた法律です。

計画期間

2015年4月1日~2025年3月31日

実施内容

目標① 『就業時間中に業務を終わらせる』社風づくり意識・行動改革を推進する。
ノー残業デー推進と所定外労働時間の削減、働き方の多様性を認め、フレックスタイム制度・変形労働制を推進する。
対策 勤怠システムによる労務管理の徹底と所定外労働の原因分析の実施。
ノー残業デー実施による社員の意識改革を推進。
社内研修等による施策周知。
目標② 育児・介護と仕事の両立を果たせるような勤務時間短縮措置等の推進・実施
対策 育児介護休暇等による復職者に対する産前育休後面談の実施と推進。
労使懇談会を通じて周知活動を進める。
目標③ 子供の健全育成と豊かな心を育む子供・子育てに関する社会貢献活動の実施。
対策 育児介護休暇等による復職者に対する産前育休後面談の実施と推進。
労使懇談会を通じて周知活動を進める。
目標④ ワークライフバランスの充実を図るため、有給休暇取得推進をする。
対策 有給休暇半日取得回数の拡大を図り1人当たりの取得日数を増加していく。
また、社内のイントラネット等を活用し、従業員への周知を行う。

PAGE TOP